クエリー言語の記述

この上級者向けのトピックでは、BIGLOBEメールの検索機能で使用される検索文法について詳しく説明します。BIGLOBEメールでは、画面を生成するために、常にある種のクエリが適用されます。

検索言語の構造

簡易検索は、検索フィールドに語句を入力するだけで実行できます。語句のみの入力(検索演算子なし)は、「content:」演算子を使った検索として解釈されます。つまり、メッセージ内のすべてのテキストが照合されます。

さらに詳細検索は、検索演算子を指定することによって実行できます。検索演算子は特殊なキーワードで、その後に半角コロンとそのキーワードに固有なその他のパラメータが続きます。以下にその例を挙げます。

  • in:inbox:演算子は「in」で、パラメータは「inbox」です。この例では、[受信箱]フォルダにあるメッセージが返されます。

  • from:someone:演算子は「from」で、パラメータは「someone」です。この例では、メールアドレスに「someone」という語句を含むメッセージが返されます。

キーワードの前には、その条件を持たない項目を指定するための「not」を付けることができます。たとえば、「not in:inbox」のようになります。
検索文字列では、英文字の大文字と小文字が区別されません。つまり、「in:Party」と「in:party」は同じです。
また、notを表す記号としてマイナス記号(-)を使用できます。つまり、「not in:inbox」は「-in:inbox」と同じです。

ほとんどの場合、検索文字列に句読点を含めることはありません。句読点を含めても、それらは検索コードによって無視されます。しかし、例外もあります(メッセージ内の9:30という時間を検索する場合など)。その場合は、検索パラメータを二重引用符で囲みます。たとえば、「subject: "9:30 "」と指定すると、件名に9:30という文字列を含むメッセージが返されます。

検索パラメータに使用できる文字または使用できない文字は以下のとおりです。

  • 次の文字は、二重引用符で囲む場合を除き、検索パラメータに使用することはできません:~ ' !# $ % ^ & * ( ) _ ?/ { }[ ] ; :

  • 次の文字は、検索パラメータの先頭に使用しない限り、検索パラメータ内で使用できます:- + < >

複数の検索条件

複数の検索条件を(スペースで区切って)入力した場合、それらはデフォルトでAND検索として扱われます。たとえば、「in:inbox tim」は、「受信箱内にあり、かつtimという語句を含むメッセージを返してください」という意味になります。複数の条件を使用する検索では、指定した条件のいずれかに一致する項目を探すことも、指定した条件のすべてに一致する項目を探すこともできます。詳細検索の機能を使用すると、両方の種類の検索を実行できます。

基本検索以外のすべての検索ペインでは、以下の規則が適用されます。

  • 指定した条件のいずれかに一致するメッセージを検索する場合、これをOR検索と言います。複数のチェックボックスがある詳細検索のペインでは、1つのペイン内で複数の項目を選択することで、それらの項目のOR検索を作成できます。

  • XとYの両方を含むメッセージを検索する場合、これをAND検索と言います。指定したすべての条件を満たすメッセージが一致項目とみなされます。複数のチェックボックスがある詳細検索のペインでは、同じペインを複数個開き、それぞれのペインで異なるチェックボックスを選択することでAND検索の条件を指定できます。

クエリに表示されるのは「OR」だけです。検索バーで検索クエリーを表示するオプションを選択した場合は、詳細検索でオプションを選択するごとに[検索]テキストボックスが更新され、新しいクエリが表示されます。AND検索を実行する場合、「AND」という単語は表示されません。

ヒント:括弧とともにANDやORを使用できます。括弧内の語句は構成単位とみなされます。たとえば、「from: (tanaka sato)」は「from:tanaka AND from: sato」と同じです。「from:(tanaka or sato)」のように括弧内にORを使用した場合、この検索は「from:tanaka OR from:sato」と同じ結果を返します。

検索でアスタリスクワイルドカード(*)を使用する

検索でアスタリスク(*)をワイルドカードとして使用すると、類似した語句を含む内容を検索できます。

アスタリスク(*)をワイルドカードとして使用します。たとえば、「テレ*」という検索文字列は、「テレ」、「テレビ」、「テレフォン」などの項目を返します。

キーワードの説明と例

content:

メッセージに含まれているテキストを指定します。たとえば、「content:bananas」と指定すると、「bananas」という語句を含むすべての項目が検索されます。

from:

差出人ヘッダーに含まれている送信者の名前やメールアドレスを指定します。これには、「田中良夫」などの名前、「tanaka@acme.com」などのメールアドレス、「biglobe.ne.jp」などのドメインを指定できます。

to:

メッセージのTo:ヘッダーに含まれている人物の1人を指定するという点を除き、from:と同じです。

cc:

メッセージのCc:ヘッダーに含まれている受信者の1人を指定できるという点を除き、from:と同じです。

subject:

メッセージの件名ヘッダーのテキストを指定します。たとえば、「subject:Meeting in Tokyo」などの例が挙げられます。

in:

フォルダを指定します。たとえば、「in:sent」と指定すると、[送信済み]フォルダ内のすべての項目が表示されます。

has:

メッセージの属性を指定します。指定できるオブジェクトの種類には、「添付ファイル」、「電話」、または「URL」があります。たとえば、「has:attachment」と指定すると、1つまたは複数の任意の種類の添付ファイルを含むメッセージがすべて検索されます。

filename:

添付ファイルの名前を指定します。たとえば、「filename:query.txt」と指定すると、「query.txt」という名前の添付ファイルを含むメッセージが検索されます。

type:

指定した種類の添付ファイル内における検索を指定します。指定できる添付ファイルの種類には、「text」、「word」、「excel」、および「pdf」があります。たとえば、「type:word "拝啓"」と指定すると、Microsoft Word文書の添付ファイルを含むメッセージのうち、添付ファイル内に「拝啓」という語句を含むものだけが検索されます。

attachment:

特定の種類のファイルを指定します。たとえば、「attachment:word」と指定すると、Wordファイルが添付されたメッセージがすべて検索されます。

is:

特定のステータスのメッセージを検索します。使用可能な値は、「unread」、「read」、「flagged」、「unflagged」、「sent」、「draft」、「received」、「replied」、「unreplied」、「forwarded」、「unforwarded」、「anywhere」、「remote」(共有フォルダ内)、「local」です。たとえば、「is:unread」と指定すると、すべての未読メッセージが検索されます。

date:

ブラウザのデフォルトのロケール(US英語の場合はmm/dd/yyyy)を使用して日付を指定します。たとえば、「date:2/1/2010」と指定すると、2010年2月1日の日付が付いたメッセージが検索されます。「after」や「before」の代わりに、大なり記号(>)や小なり記号(<)も使用できます。また、>=や<=も使用できます。

after:

特定の日付より後に送信されたメールを検索できます。たとえば、「after:2/1/2010」と指定すると、2010年2月1日より後に送信されたメールが検索されます。

before:

特定の日付より前に送信されたメールを検索できるという点を除き、after:と同じです。

size:

添付ファイルを含むメッセージの合計サイズをバイト、キロバイト、またはメガバイトで指定します。 たとえば、「size:12 kb」と指定すると、サイズが12キロバイトのメッセージが検索されます。より大きなメッセージまたはより小さなメッセージを検索する場合は、大なり記号(>)または小なり記号(<)を使用できます。

larger:

指定したサイズより大きいメッセージを検索できるという点を除き、size:と同じです。

smaller:

指定したサイズより小さいメッセージを検索できるという点を除き、size:と同じです。

solo:

まだ返信がないメールメッセージを検索します。

tag:

指定したタグが付いているメッセージを検索します。たとえば、「tag:Project1」と指定すると、「Project1」というタグが付いたメッセージが検索されます。

priority:

優先度(「high」や「low」)に基づいて、メッセージ、タスク、またはカレンダーの項目を検索します。たとえば、priority:highでは、優先度の設定が高い項目が検索されます。