メールメッセージに返信する

メッセージの送信者に返信したり、メッセージの送信者とすべての受信者に返信したりできます。

  • 返信:元のメッセージの送信者にのみ返信します。[宛先:]欄や[Cc:]欄にある他のアドレスは含まれません。[返信]をクリックすると、新しいメールを作成するためのページが開き、[宛先:]欄に元のメッセージの送信者の名前が表示されます。

  • 全員に返信:前のメッセージのすべての受信者が含まれます。このオプションは、前のメッセージの受信者全員に自分の応答を送りたい場合に使用します。

メッセージの返信方法は、[設定]>[メール]>[作成]ページで設定できます。元のメッセージのテキスト、メッセージヘッダー[宛先/差出人]、および件名ヘッダーの詳細を転送するメッセージに含めるか、あるいは元のメッセージを添付ファイルにするかを選択できます。

メール作成のオプション設定の内容によっては、前のメッセージの引用テキストに特定の文字が付加される場合があります。この文字を見れば、そのテキストが何回のメールのやりとりに使われたかがわかります。たとえば、自分の返信メッセージがスレッドの一部であり、[元のメッセージを含める]オプションが設定され、[プレフィックスを使用]チェックボックスがオンの場合は、メッセージのやりとりを行うたびに引用テキストに>または|のプレフィックスが追加されていきます。

> 前のメッセージ

> > 2つ前のメッセージ

> > > 3つ前のメッセージ

というように続きます。

備考:返信メッセージがスレッドの一部である場合に、その[件名:]欄を変更すると、そのメッセージは新しいスレッド内に表示されます。

メッセージに返信するには
    1. メッセージが開いている状態で、[返信]か[全員に返信]をクリックします。ヘッダーにメールアドレスが入力された新しいメッセージウィンドウが開き、本文の欄に元のメッセージが表示されます。

    2. 自分のメッセージを入力します。

    備考:署名がメッセージに自動的に追加されるように設定されている場合、署名はメッセージ内の指定の場所に追加されます。作成ウィンドウ内のすべてのメッセージの後に表示される場合と、自分の返信メッセージのすぐ後(つまり引用テキストの上)に表示される場合があります。

    1. 返信に含める元のメッセージの部分を変更したい場合は、作成ツールバーの[オプション]をクリックします。デフォルトのオプションにマークが付いているので、それを変更します。この変更は、そのメールに対してのみ有効となります。

    2. [送信]をクリックします。