閲覧ペインにメッセージを表示する

閲覧ペインを使用すると、受信箱などのフォルダのメッセージをプレビューできます。

閲覧ペインにメッセージを表示する機能は、デフォルトで有効になっています。 この機能は、ツールバーの[表示]から無効にできます。閲覧ペインの位置はカスタマイズできます。

閲覧ペインビューを選択する

閲覧ペインは、内容ペインの下部または右側に表示できます。

  1. メールツールバーの[表示]をクリックします。

  2. 閲覧ペインを内容ペインの下部または右側のどちらで表示するかを選択します。閲覧ペインは無効にすることもできます。

閲覧ペインにメッセージを表示する

閲覧ペインは、メッセージをクリックするまで空白です。

閲覧ペインのサイズを調整するには、内容ペインと閲覧ペインの境界線にマウスポインタを合わせます。ポインタが両矢印に変わります。ポインタをクリックしながらドラッグして、閲覧ペイン領域のサイズを変更します。

リストのメッセージをクリックすると、メッセージのテキストが閲覧ペインに表示されます。

閲覧ペインでメッセージに既読のマークを付ける

[設定]>[メール]では、閲覧ペインで表示したメッセージに既読のマークを付けるかどうかを設定できます。

  • すぐにメッセージを既読にする:閲覧ペインでメッセージをクリックすると、すぐに既読のマークが付けられます。

  • "x "秒後にメッセージを既読にする: デフォルトは5秒です。メッセージをクリックし、5秒間表示すると、既読のマークが付けられます。

  • メッセージを既読にしない: 閲覧ペインで読んだメッセージに既読のマークは付けられません。