メール作成のオプション設定をする

[設定]>[メール]>[作成]ページには次のオプションがあります。

  • 作成:デフォルトの作成形式を選択します。HTML形式またはテキスト形式を選択できます。

メール、文書、カレンダーでHTML形式を使用してテキストを入力する際のデフォルトのフォント設定を指定できます。 デフォルトのスタイルとして使用するフォントのスタイル、サイズ、色を定義できます。

  • 元のメッセージの形式を使用して返信/転送:このオプションをオンにしておくと、デフォルトの作成形式が受信したメッセージの形式と異なる場合でも、受信メッセージと同じ形式を使用して返信できます。 このオプションは、受信者が閲覧に最適な形式でメッセージを受け取れるので便利です。

  • 送信済みメッセージ:デフォルトでは、[コピーを送信済みフォルダに保存]が有効になっています。送信したメッセージのコピーは[送信済み]フォルダに保存されます。保存する必要がない場合は、[コピーを送信済みフォルダに保存]をオフにします。

  • 返信/全員に返信:返信メッセージの本文に元のテキストを含めるかどうかを指定します。元のテキストを含める、含めない、添付ファイルとして含める、選択したプレフィックス付きで本文に含める、または最新のメッセージのみを含めるなどのオプションがあります (「最新のメッセージのみ」とは、メッセージの送信者によって書かれた部分のみを引用し、それ以前のテキストは引用しません)。[ヘッダーを含める]が有効になっていると、元のメッセージの[宛先/差出人]および[件名]のヘッダーの詳細がメッセージに表示されます。

  • 転送:メッセージを転送するとき、本文に元のテキストを含めるかどうかを指定します。元のメッセージとヘッダーをプレフィックス付きで下側に含める、または元のメッセージを添付ファイルとして含めるオプションがあります。 [ヘッダーを含める]が有効になっていると、元のメッセージの[宛先/差出人]および[件名]のヘッダーの詳細がメッセージに表示されます。

  • プレフィックス:元のテキストを含めるように指定した場合、転送メッセージ内または返信メッセージ内に引用する元のメールメッセージの各行に>または|のプレフィックスを付けることができます。

備考:本設定はケータイ版の設定にも反映します。「添付ファイル」を設定の場合でも、ケータイ版では添付ファイルは転送されません。
ケータイ版より操作の場合、「添付ファイル」もしくは「含めない」を選択の場合は元のメッセージが含まれないメールが返信/転送されますのでご注意ください。