メールメッセージの作成について

メールメッセージは、作成してすぐに送信したり、下書きを作成して後から完成させて送信したりできます。

新しいメッセージを作成するには、まずツールバーの作成ボタンをクリックして空白の作成ページを開きます。メールの[差出人]の名前を右クリックし、[新しいメール]を選択しても、空白の作成ページを開くことができます。

[設定]>[メール]>[作成]ページで、[常に新しいウィンドウで作成]にチェックが入っていると、別の作成ウィンドウが開きます。このチェックを外すと、アプリケーションツールバーに[作成]タブが表示されて作成ページが開きます。複数の[作成]タブを開いて、ツールバーでタブを切り替えることもできます。

[作成]ページで、[宛先:]フィールドにメッセージの送信相手のメールアドレスを入力します。

  • 連絡先で相手のメールアドレスを検索するには、[宛先]をクリックします。

  • Bccアドレスを追加するには、メッセージヘッダーで[Cc:]フィールドの横にある[Bccを表示]をクリックします。

複数のアカウントを設定している場合、作成ページに[差出人]欄が表示されます。差出人のアドレスとして使用するアカウントを選択します。

メッセージはHTML形式またはテキスト形式のいずれかの形式で作成できます。デフォルトの形式は、[設定]>[メール]>[作成]ページで設定されています。作成中のメッセージに対してのみ形式を変更するには、作成ツールバーの[オプション]をクリックし、HTML形式またはテキスト形式のいずれかを選択します。

  • [HTML形式]では、メッセージにさまざまなフォントを使用したり、メッセージテーブルを作成したり、色をつけたり、ハイパーリンクを挿入したりできます。

  • [テキスト形式]では、スタイルや書式のないテキストを使ってメッセージを作成できます。この形式のメッセージは受信者の環境によらず読み取ることができます。

画像、文書、表計算ファイル、オーディオファイルなど、添付ファイルをメッセージに追加できます。

新しいメールメッセージを作成する」を参照してください。