メールのシステムフォルダ

メールには[受信箱]、[送信済み]、[下書き]、[迷惑メール]、および[ゴミ箱]のシステムフォルダがあります。これらのフォルダを移動または削除することや、名前を変更することはできません。メールの概要ペインで、システムフォルダは常にフォルダリストの先頭に表示され、その後に自分で作成したフォルダが続きます。

フォルダの上にマウスポインタを置くと、そのフォルダのメッセージ数とサイズが表示されます。

message_count.png

受信箱

[受信箱]フォルダには、新着メールが入ります。

送信済み

[送信済み]フォルダには、送信した各メッセージのコピーが保存されます。

下書き

[下書き]フォルダには、まだ送信していない作成中のメッセージを保存できます。[下書き]フォルダ内のメッセージを開くと、そのメッセージは作成ビューで表示されます。

迷惑メール

迷惑メールフォルダオプションをご購入の場合、BIGLOBEサーバが判定した迷惑メールがこのフォルダに入ります。

[迷惑メール]フォルダを空にするには、概要ペインでフォルダを右クリックし、[迷惑メールを空にする]を選択します。[迷惑メール]フォルダの内容は、10日で削除されます。

ゴミ箱

削除した項目は[ゴミ箱]フォルダに入れられ、自分でゴミ箱を空にするまで、あるいは自動的に削除されるまで[ゴミ箱]フォルダ内に残ります。このフォルダ内の項目は、フォルダに移動してから30日が経過すると、完全に削除されます。

[ゴミ箱]フォルダを空にするには、概要ペインでフォルダを右クリックし、[ゴミ箱を空にする]を選択します。

オプション設定をする」も参照してください。

注意:削除処理は一定期間ごとに処理されます。このため、迷惑メールフォルダやゴミ箱に入っている保存期間を過ぎたメールについて、すぐには削除されない場合があります。削除されるタイミングはお客様により異なります。