メール表示のオプション設定をする

[設定]>[メール]ページには、以下の設定項目があります。

  • [メールを受信]をクリックしたとき:[メールを受信]をクリックしたときにメールボックスの表示を変更するかどうかを設定します。

    • [新着メールを受信]を選択すると、[メールを受信]をクリックしたときに、[デフォルトメール検索クエリー]フィールドで指定されたメール検索クエリーが実行されます。 [メールを受信]をクリックしたときに表示されているフォルダがデフォルトの検索ではない場合、ビューは自動的にデフォルトのフォルダビューにリダイレクトされます。ほとんどの場合は、受信箱です。  

    • [現在のビューを更新]が選択されている場合に任意のフォルダビューで[メールを受信]をクリックすると、新しいメール を取得する要求で、現在のフォルダビューへの更新がないか、または他のフォルダに新しいメールが届いていないか検索されます。現在のフォルダビューは変更されません。 新しいメールを他のフォルダで受信すると、そのフォルダは太字になり、未読メッセージの数が更新されます。

  • メールの表示形式:[HTML(可能な場合)]を選択すると、メッセージはHTML形式で表示されます。たとえば、太字や色などのスタイル付きテキストを表示できます。[テキスト]を選択すると、メッセージはテキスト形式で表示されます。テキスト形式では、HTMLタグがメッセージにマークアップとして適用されずにそのまま表示されます。

  • メッセージのプレビュー:

    • メールリストにメッセージの本文先頭を表示、マウスオーバー時のバルーンを表示:このオプションがオンの場合は、メッセージの件名の上にマウスポインタを置くと、メールの最初の行が表示されます。

    • [ダブルクリックして新しいウィンドウにメッセージを表示]がオンの場合は、メッセージをダブルクリックすると新しいウィンドウが開きます。

  • イメージ:[HTMLメールに画像を自動的にダウンロード]を有効にすると、HTMLメールメッセージに画像が自動的にダウンロードされるようになります。このオプションが有効になっている場合は、イメージを表示するのにイメージを表示するためのリンクをクリックする必要はありません。

  • 閲覧ペインでメッセージを読むとき:閲覧ペインで表示したメッセージを既読または未読にする方法を設定できます。すぐにメッセージを既読にする、閲覧ペインで一定秒数メッセージを表示した後に既読にする、または閲覧ペインで表示したメッセージを常に未読のままにするオプションを指定できます。

  • メッセージを移動または選択した後:メッセージを読むときの内容ペインのナビゲーション動作を設定できます。

  • デフォルトメール検索クエリー:ログインするときに実行する検索を定義します。この検索の結果は、メールボックスにログオンするときに[内容]ペインに表示されます。デフォルトの検索は[受信箱]フォルダです。つまり、ログインすると、受信箱の内容が表示されます。BIGLOBEメールを開いたときに別のフォルダ、タグ、または保存済み検索が表示されるようにするには、このフィールドを変更します。構文については、「クエリー言語の記述」を参照してください。

  • メッセージが届いたとき:メッセージの受信を通知する方法を設定します。[メール]タブを点滅させる、ブラウザのタイトルを点滅させる方法があります。「アラートを設定する」を参照してください。