メッセージをフィルタリングする

フィルター機能を使用すると、一連の条件を受信メールに適用し、指定した操作を実行できます。

受信メールメッセージをフィルタリングして、それらのメッセージをフォルダに振り分けたり、自動的にタグを付けたり、転送したりできます。また、それらのメッセージを破棄することも可能です。たとえば、以下のようなフィルターを作成できます。

  • お友達からのメールをすべて[プライベート]フォルダに振り分ける。

  • 「社内イベント」メーリングリストからのすべてのメールに「イベント」タグを付ける。

新しいフィルターを作成または編集するには
  1. [設定]タブをクリックします。

  2. [メール]>[フィルター]を開き、[新しいフィルター]をクリックします。

  3. [フィルターを追加]ダイアログが表示されます。ここで、新しいフィルターの条件や操作を定義します。

  4. [フィルター名]に、フィルターに付ける一意の名前を入力します。

  5. [次の条件が満たされた場合]領域で、グループ化の設定をします。  

    • [任意]は、フィルターの任意の条件が満たされた場合に操作が適用されることを意味します。

    • [すべて]は、フィルターのすべての条件が満たされないと、フィルターの操作は適用されないことを意味します。  

1つのフィルターに複数の条件や操作を設定する場合は、以下の手順を繰り返します。[+]リンクをクリックして、複数の条件を設定します。

    • 最初のドロップダウンリストで、使用する条件を選択します。  

    • 比較方法を指定します。表示されるオプションは、前のドロップダウンリストでの選択内容によって異なります。たとえば、「完全に一致」や「次の文字に完全には一致しない」が表示されます。

    • テキストフィールドに比較対象となる単語または語句を入力します。

さらに条件を追加する場合は、plusbutton.gifをクリックします。さらに条件を追加するか、次の手順へ進んで1つまたは複数の操作を追加します。

  1. [次の操作を実行]領域のドロップダウンリストから操作を選択します。

必要に応じてフォルダまたはタグ名を指定します。指定する内容は、選択した操作によって異なります。

さらに操作を追加する場合は、plusbutton.gifをクリックします。さらに操作を追加するか、[OK]をクリックして設定を完了します。

  1. [フィルターを追加]ダイアログの上部に、[有効]チェックボックスがあります。フィルターを有効にする場合は、このチェックボックスをオンにします。 規則を実行したくない場合は、[有効]チェックボックスをオフにできます。

  2. このフィルターの条件を満たすメッセージに対してこのフィルターだけを実行する場合は、[その他のフィルターは処理しない]チェックボックスをオンにします。[その他のフィルターは処理しない]操作は、各フィルターの最後の操作でなければなりません。この操作により、現在の規則に一致したメールメッセージに、それ以上のフィルターが適用されるのを防ぐことができます。

     備考:この操作を指定しなかった場合は、現在のフィルターがメールメッセージに一致した場合でも、そのメールメッセージに対して後続のフィルターが適用されます。あるメッセージに1つのフィルターが一致した後、同じメッセージにそれ以上のフィルターを適用するようなケースはほとんどありません(最初の操作と矛盾した操作が適用される可能性があります)。

フィルターへの変更はすぐに保存されます。このフィルターは、その後受信するすべてのメールに自動的に適用されます。  

既存のメールに対してフィルターを実行することもできます。[設定]>[メール]>[フィルタ]ページにある[フィルターを実行]をクリックして、選択したフィルターに対して実行するメールフォルダを選択します。

メールメッセージから新しいフィルターを作成する

メールメッセージから新しいフィルターを作成することもできます。

  1. メッセージを右クリックし、[新しいフィルター]を選択します。

  2. [フィルターを編集]ダイアログが開き、メールメッセージ内の情報を使って[差出人]、[宛先]、および[件名]フィールドが自動的に設定されます。 

  3. フィルター条件が正しい場合は、フィルターの名前を指定し、[OK]をクリックします。

 

関連トピック