サポートされているフィルターの条件と操作

フィルターでは、アルファベットの大文字と小文字が区別されません。

条件

以下の比較フィールドがあります。

  • 差出人:メールメッセージの[差出人:]ヘッダーに含まれている名前を指定します。

  • 宛先:[差出人]と同じですが、[宛先:]ヘッダーに含まれている名前を指定します。

  • Cc:[差出人]と同じですが、[Cc:]ヘッダーに含まれている名前を指定します。

  • 宛先またはCc:[差出人]と同じですが、[宛先]と[Cc]ヘッダーの両方に含まれている名前を指定します。

  • 件名:メッセージの[件名]ヘッダー内を検索します。

  • ヘッダーの名前:このオプションを選択すると、比較演算子(「次の文字列を含む」部分)の前にテキスト入力フィールドが表示されます。このオプションを使用すると、どのようなメールヘッダーでも指定できます。標準の[宛先:]欄や[差出人:]欄だけでなく、日付や返信先、あるいはメッセージヘッダーに含まれている可能性のあるその他のカスタムフィールドを指定できます。「不正な」ヘッダー(つまり、通常のメールメッセージにあるべき情報が含まれていないヘッダー)を含むメールアドレスを選別して除外できます。たとえば、自動生成された迷惑メールには、送信者や返信先などの情報が含まれていないことがあります。2つ目のテキストフィールド(比較演算子の右側にあるフィールド)に、対象となるヘッダーを指定します。

  • サイズ:指定したサイズより大きい、または小さいメールメッセージを選択する場合に使用します。メールのサイズには、添付ファイルも含まれます。このフィールドを使用すると、サイズが大きすぎるメールメッセージを破棄できます。

  • 日付:指定した日付より前または後に送信されたメールメッセージを選択する場合に使用します。

  • 本文:[次の文字列を含む]と[次の文字列を含まない]のオプションがあります。メールの本文で照合する語句を指定できます。添付ファイル内の語句を照合することはできません。

  • 添付ファイル:ファイルが添付されているメールメッセージ、またはファイルが添付されていないメールメッセージを選別できます。

  • 含まれているアドレス:連絡先内にアドレスがあるかどうかを調べます。次のフィールドで、アドレスブックの場所を指定します。

以下の比較演算子があります。

  • 次の文字列に完全に一致/次の文字列に正確には一致しない:完全に一致する項目を指定します。たとえば、[件名][次の文字列に完全に一致][バナナ]と指定すると、「バナナ」だけが一致し、「バナナナナ」や「バナナの葉でいっぱいのトラック」は一致しません。

  • 次の文字列を含む/次の文字列を含まない:指定した文字列を含む件名のメールメッセージを選別できます。 たとえば、[件名][次の文字列を含む][バナナ]と指定すると、「バナナを買いにいく」という件名が一致します。

  • 次のワイルドカード条件に一致/次のワイルドカード条件に一致しない:メールフィルターの比較フィールドでは、1つまたは複数の文字を表すワイルドカード「*」を使用できます。たとえば、「バナナ*」に一致する件名を指定した場合、「バナナナナ」や「バナナシェイク」などが一致しますが、「我が家の自慢のバナナシェイク」は一致しません。

操作

  • 受信箱に維持:メールを[受信箱]に保存します。どのフィルターもメールメッセージに一致しない場合は、デフォルトでこの操作が適用されます。

  • フォルダ内に保存:メールを指定のフォルダに移動します。

  • 次のタグを付ける:一致するメッセージに指定のタグを付けることができます。

  • マーク:[既読]または[フラグ付き]を選択します。

複数の操作

複数の操作で構成されるフィルターを作成できます。規則の複数の操作の組み合わせは、以下のように解釈されます。

  • フォルダ内に保存:複数のファイル保存操作を実行すると、複数のメッセージコピーが異なるフォルダに保存されます。指定したフォルダが存在しない場合、そのメッセージは[受信箱]に保存されます。

  • タグ/マーク:これらの操作は、最も近い先行操作から返されたメッセージに適用されます。複数のファイル保存操作がある場合は、いくつかのメッセージコピーにはタグが付けられ、それ以外のメッセージコピーにはタグが付けられずに保存されます。

  • 受信箱に維持:複数の「維持」操作を指定できますが、[受信箱]に保存されるメッセージのコピーは1つだけです。