カレンダーのオプション設定をする

[設定]>[カレンダー]ページで、以下のオプションを設定できます。変更を保存するには、[保存]をクリックします。

  • デフォルトビュー:カレンダーの表示方法を選択できます。デフォルトは週平日です。ビューのオプションには、日、週平日、週7日、月、リスト、および予定があります。

  • 週の開始:カレンダー内の週の最初の曜日を指定できます。

  • 常にミニカレンダーを表示:概要ペインの下部にミニカレンダーを表示するかどうかを指定します。

  • カレンダー週を表示:これが有効になっている場合、ミニカレンダーに週番号が表示されます。

  • 受信した予定をカレンダーに自動的に追加:このオプションをオンにすると、受信箱に送信されたメールによる招待が自動的にカレンダーに追加されます。招待は受信箱またはカレンダーから受け入れたり拒否したりできます。このオプションがオフの場合は、[受け入れる]または[仮承認]をクリックしたときに予定がカレンダーに追加されます。

  • リマインダーを表示:リマインダーを予定の何分前に表示するかを設定できます。デフォルトは5分です。また、受け取るアラートの種類も設定できます。

  • 週平日:勤務する曜日を選択します。

  • 新しい予定を作成するときに簡易追加ダイアログを使用:新しい予定の作成に簡易追加ダイアログを使用するかどうかを指定します。このオプションは、参加者のいない予定を頻繁に作成する場合に便利です。

  • 予定の作成時に開始時刻と終了時刻のタイムゾーンを表示:異なるタイムゾーンのユーザーとの会議を予定することが多い場合には、このオプションをオンにします。