アカウントの内容をバックアップする

アカウントのデータは、メールメッセージ、添付ファイル、連絡先、カレンダーを含め、すべての項目をエクスポートすることも、またはアカウント内の特定の項目だけをエクスポートすることもできます。 その後、そのデータはバックアップとしてお使いのコンピュータやその他の場所に保存できます。アカウントデータはtar-gzipped(tgz)アーカイブファイルとして保存されるため、そのファイルをインポートしてアカウントを復元することができます。

 備考:個々の連絡先フォルダをエクスポートすると、それらの連絡先フォルダは.csvファイル形式で保存されます。また、個々のカレンダーフォルダは.icsファイル形式で保存されます。

データはコピーされるだけで、アカウントから削除されるわけではありません。

ファイルは、[設定]>[インポート/エクスポート]ページを使ってエクスポートします。

データをエクスポートするには
  1. [設定]>[インポート/エクスポート]ページを開きます。

  2. すべてのアカウントデータをエクスポートするのか、それとも特定の種類のフォルダだけをエクスポートするのかを指定します。

    • アカウントのすべてのデータをエクスポートするには、[アカウント]を選択します。備考:[ゴミ箱]フォルダと[迷惑メール]フォルダはエクスポートされません。

    • 連絡先リストまたは特定のカレンダーをエクスポートするには、該当するオプションを選択します。エクスポートするカレンダーまたは連絡先を選択するとき、エクスポート後のファイル形式を選択します。「アドレスブックをエクスポートする」および「iCalカレンダーをエクスポートする」を参照してください。

  1. [エクスポート]をクリックし、ファイルの保存先を指定します。

  2. [OK]をクリックします。

備考:エクスポートしたアカウントデータファイルは、WinRARアーカイバなどのアーカイブプログラムを使って表示できます。

保存済みのアカウントデータをインポートするには

エクスポートしたファイルからアカウントを復元できます。  

  1. [設定]タブにアクセスし、[インポート/エクスポート]フォルダをクリックします。

  2. [インポート]領域で、参照ボタンを使用してインポートするファイルを見つけます。 カレンダーまたは連絡先をインポートする場合は、インポートするファイルの形式を指定します。「連絡先をインポートする」および「iCalカレンダーをインポートする」を参照してください。 アカウントを選択した場合は、以前にエクスポートしたtgzファイルのみをアカウントにインポートできます。  

  3. [インポート]をクリックします。